ページタイトルイメージ

税務

税務で
悩んでいませんか?

会計税務監査

事業を開始した…さぁ領収書とかはどうしよう?

何事も最初が肝心だとよく言います。会計・経理も同じで、請求書や領収書をしっかりと整理整頓し、 保存・保管をする習慣が今後の経営に役立ちます。そして、売上や支払の管理をしっかりと行えるようにご指導いたします。

どのタイミングで相談すればいいのだろう?

最善のタイミングは開業前にご相談頂けることだと思っております。 開業後しばらくしてから、税理士も必要だと思い相談に来られる方や、 申告しなければならないので相談に来られる方が結構いらっしゃいます。 でも本当は、独立・開業前からご相談いただけると私たちは最もお役にたてると思います。 不動産の選定、開業場所の選定、問題として起きうる事象を開業前に改称し 万全の状態で開業に向けてご準備頂けます。 開業後や申告時期では間に合わない手続きや届け出がありますので、早め早めにご相談ください。

毎月何をするの?

当社ではご契約の内容にもよりますが、原則として毎月訪問し、 お客様に整理していただいた請求書や領収書を一枚一枚確認させていただきます。 そして、月次試算表を出力し、売上の推移や経費の出方等をお話しいたします。 また、お伺いする際に法改正等の情報をお持ちし、少しでも経営に役立つ情報をいち早くお届けできるように心がけております。

節税決算対策

節税って?

節税と一言でいっても、個々の事情により様々です。「節税は上手くいったが、資金繰りに詰まった」「法人税は減ったが、所得税·住民税は増えた」 などというケースもあります。 そのため、目先の「節税」だけではなく、税金と上手に付き合っていく節税をお勧めいたします。 「脱税」は決して許されませんが、届出書·申請書を提出など、 ちょっとした工夫で支払う税金が少なくなる、あるいは税金を払わずに済むことは大いにあります。 当社にご相談に来たお客様の中でも「手続きを最初にしておけば、その税金は払わなくてよかった」などのケースがいくつもあります。 「知らない」というだけで本来支払わなくてもいい税金を支払うのはもったいないので、ぜひご相談ください。 また、社長ご自身も税金を支払うために働いているわけではないはずです。 「会社や個人が豊かで幸せになること」を望んでいるのではないでしょうか。 そのため、当社は頑張って働いた結果の努力の結晶である「利益」を最大限に有効活用し、 単なる「節税」だけではなく、将来へ向けた環境整備·リスクヘッジ等をご提案していきます。

赤字法人でも節税は意味あるの?

「うちは赤字だから税金は関係ない」と思っている方も、どうしたら黒字になるか、 何を減らし、何を増やすのか等をご一緒に考えていくことも大きな決算対策のテーマです。 だからこそ体力のある会社を目指してご一緒にご検討いたしましょう。

調査対策

税務調査って?

「税務調査はお好きですか? 」と聞かれても、好きと答える方はいらっしゃらないと思います。 特に悪いことをしているわけではないのに「税務調査」と聞くと何となく気が重い、 という方も多いのではないでしょうか。ただ、あまり気にする必要はありません。 日頃からしっかりと帳簿を付けていれば何も問題ないのですから。 我々はその「何も問題がない」状況にするために日頃からサポートをいたします。

何のために必要なのか?

当社は原則として、定期的な監査の中で通帳・請求書はもちろん、領収書も一枚一枚確認させていただいております。 そのため、調査官に評価されることがありますが、それ自体が目的ではありません。 正しい処理をすることにより、会社の発展のための方向性が得られるからです。結果的に、そのような方法が「税務調査」の対策にもなっています。

税務調査の連絡があったらどうすればいい?

まず、当社にご連絡ください。社長や調査官と相談して日程を決め、 当社の税理士・スタッフが終日立会いをおこなわせて頂きます。 また、「調査準備資料一覧」をお渡しし、資料がそろっているかどうかを調査日前に確認いたします。 その際に、ご心配な点があれば、社長とご相談し、ご不安を取り除きます。 当社の税理士・スタッフが密なサポートをおこないますので、 調査当日はゆったりと構えていてください。

税務調査シミュレーション

調査を受けたことがない社長のために、ご希望により予行演習やシミュレーションも承っております。お気軽にご相談ください。

ワンストップトータルサービス

当社には、社会保険労務士、行政書士等様々な資格を持った職員がおります。 様々な問題に対し、いろいろな視点からご相談に乗ることができます。 困ったことがあったら、まず“総合経営サービスへ相談”とお客様に言っていただけるような事務所を目指して、 職員一同日々努力いたしております。

社長を本業に専念させる、全方位支援こそが総合経営サービスのグループ力

これまでの私たちの経験から感じるのは、経理周辺業務という仕事は事後処理的な業務としてどうしても後回しにされがちな傾向にあるということです。私たちの使命は、お客様の経理業務を効率化し、経営判断に有用な財務情報を提供することにあると確信しています。

社長は本業に専念してください!と、私たちはよく申し上げています。売上をあげるための時間、マーケティングやマネジメントなどの時間にもっと比重を置いて業務に取り組んでいただけるように、私たちが会社の奥まで入り込ませて頂き、パートナーとして経営に携わらせて頂いております。やはり社長様ご自身が社長様しかできないことをするべきなのです。

お客様にとって税金も社会保険も生命保険も不動産もその他専門分野も…どこを切り取っても分からないことだらけではないでしょうか。しかし、一般的な専門家の回答は下記のようなものが往々にしてあります。 「私は税理士ですので、社会保険のことは社会保険労務士に聞いてください」 「不動産は私の専門外ですので、対応しかねます」

本当に上記の対応で良いのでしょうか。お客様は専門家に何を求めているのでしょうか。私たちは自身の専門外であっても決してこのような回答は致しません。なぜなら総合経営サービスグループの力をもってすればそれらの問題を解決する専門家が顔を揃えているからです。私たちは税理士、社会保険労務士、司法書士(提携)、行政書士、弁護士(提携)、など士業ごとの特性を生かしたご提案と会社の成長段階に合わせて最適な体制構築をサポートしております。

また、当社では、他社に先駆けて、お客様の経理業務にクラウド会計システムの導入を推進しています。最近のIT技術の進化は目覚ましいものがあります。最先端のIT技術をベースとするプラットフォームを積極的に活用していくことで、業務処理の圧倒的な効率化を実現し、お客様の生産性アップをご支援いたします。 各企業の特性に合わせた体制を構築するために、事前に専門家が入念なヒアリングを行います。金銭の流れはもとより、商流や物流、情報流通から組織体制等あらゆる事項を把握した上で、業務フローの改善や適切なシステム(クラウドツール・RPA等)の活用を提案し、業務の効率化及び会社の生産性向上のサポートをします。私たちのサービスが、日本の中小企業の発展に少しでもお役に立てましたら幸いです。

料金体系

税務
個人 月30,000円〜
申告料 顧問料の5ヶ月分
法人 月50,000円〜
決算料 顧問料の5ヶ月分
医療法人設立手続 600,000円〜
年末調整
法定調書
給与支払報告書
償却資産
40,000円〜
(人数や提出先により、お見積り)
社労
手続代行+給与計算顧問 20,000円〜
(人数により、お見積り)
スポット料金あり