総経マガジン

東京都限定!テレワーク助成金のご案内

今年度も開始!テレワーク助成金を活用してテレワークを推進しませんか?

本日は、東京都に事業所がある事業所を対象にしたテレワークに関する助成金のご案内です。

【テレワーク促進助成金】
都内中堅・中小企業等が取り組むテレワークの活用推進に向け、テレワークによる職場環境整備に対して助成金が支給されます。 

助成額は、30人以上999人以下なら上限250万円、助成率1/2。2人以上30人未満なら上限150万円、助成率2/3です。

助成対象は

1)機器等の購入費(@税込10万円未満)PC、ディスプレイ、キーボード、マウス、プリンター、タブレット、WEB会議用機器など
2)ソフトウェアの購入費 税込み単価10万円以上の導入型ソフト(業務ソフトウェア限定)
3)機器の設置、設定費、サポート費用等
4)機器のリース料
5)クラウドサービス等ツール利用料

と多岐に渡っており、昨年の助成率100%とまではいきませんが、厚生労働省の助成金では申請対象外となっているパソコンやタブレットの購入費が助成対象となっていることが大きな特長です。

主な申請要件は・・・

1.東京都内に事業所があり、都内で常時雇用する従業員が2名以上いること。(そのうち1名は勤続6ヶ月以上で雇用保険被保険者であること)

2.法人事業税、法人都民税の未納がないこと。

3.過去5年以内に法令違反をしていないこと。

4.2020TDM推進プロジェクトに参加していること。

申請方法は、gBizIDプライムによる電子申請と郵送での申請が可能です。

※直接、持込されても申請できませんのでご注意ください。社労士による代理申請をご希望の場合は、郵送のみで委任状が必要です。
また、支給決定日以後に新たに取り組む事業(発注・契約含む)が助成対象です。すでに申込、契約、購入しているものは申請できませんので、ご注意ください。

支給決定後、3ヶ月以内にテレワーク実施対象者全員に、テレワーク勤務を6回以上実施させた実績が必要になります。テレワーク実績6回に満たない対象者の経費は、減額の対象になります。

助成金を活用しながら、是非自社でテレワーク推進を検討したい方は、社会保険労務士法人 助成金担当までお問い合わせくださいませ。

新井由美

この記事の執筆者

新井由美

これまで、インテリア関係、フランス語の翻訳、マスコミでの秘書、トレンド情報会社でのコンサルティングな...

SNSでシェアする

本のアイコンおすすめの総経マガジン