税理士法人総合経営サービス:セミナー

| 2008年9月 »

共存共栄

私には今年90才になる母親がいる。事情により6才で知人に預けられ、子守をしながら尋常小学校に通わせてもらったものの、3年生で中退したというりっぱな学歴を持っている。


また、私の父親は小学校
4年生の時に亡くなっているため、朝7時から夜の24時まで、3つの職を掛持ちし、2人の子供を育て上げたりっぱな職歴も持っている。

 

その母親から 常に「情は人の為ならず」と耳にタコができるほど、毎日、御題目のように聞かされていた。

 

34才で独立開業し、会社を伸ばすには、しっかりした経営理念が必要であることを学び、TKCで聞きなれた「自利利他」にしようと考えていた。しかし、自分のことは一切抜きにして、他人の為だけを考えて尽しきることを経営理念に掲げても、若い人たちが共感できるとは思えなかった。

若い職員のみならず、私にしても、まだまだ「自利利他」と言い切れるだけの人間には成長できていないのと、何か重たく、借り物のように感じていた。

 

そんな折り「共存共栄」に出会った。これだ!と思った。

「ともに生存し、ともに繁栄しましょう」という考え方が、しっくりくるし、第一わくわくした。

ともに生存し、繁栄するのはお客様だけではなく、職員も、また、その家族も含めてすべてである。

 

きっと、これを継続していくと「自利利他」の境地になれるに違いない。 

その日がくるまで「共存共栄」を理念に掲げ、わくわくしながら邁進していくつもりである。

 

ページのトップに戻る

 

歯科クリニック開業のお手伝い

 千葉県で歯科クリニックを開業する先生の初期指導をさせていただいております。
7月まで勤務医として働いてらっしゃいましたが、前院長からクリニックを引き継ぎ8月に開業されました。

 立地やスタッフに大きな変化はありませんが、勤務医から経営者へと立場が変わることで、診療所をマネジメントしていくという将来への期待や、新しい環境に対する不安が生まれていると思います。
 
開業のお手伝いには、そんな先生のお気持ちを共感できる、ワクワクする瞬間がたくさんあります。

 私たちにできることは、経理指導や節税提案・申告書作成だけではありません。
スタッフさんのお給料の相談や診療機材の購入など、多岐にわたります。
そのため、日ごろから各種セミナーに参加し、日々勉強しています(MMPGなど)。

 私たちの普段の努力を先生に実際に経営に活かしていただくためにも、
「先生はどういうクリニックにしたいのか」という視点でお話をし、
診療方針や経営に対する熱い思いを引き出せるよう心がけています。

 事業のご成功を心から願っております。
これからが、非常に楽しみです。
 

                                                                 入社3年8ヶ月目  類家(25歳)
 

ページのトップに戻る

 

医療部門より

税理士法人 総合経営サービス 山崎会計のホームページをご覧頂きありがとうございます。

これから、医療に関する様々な情報をこのブログでお伝えしていきたいと思います。
現場からの生情報をお伝えすることにより、当事務所でのサービス提供のイメージをつかんでいただければと思っております。

どうぞこれから、宜しくお願いいたします。

ページのトップに戻る