税理士法人総合経営サービス:導入事例

« 人事コンサルティング実例 | | 税務調査サポート実例 »

税務会計・コンサルティングサポート.4

支援内容

取引先が、なかなか売掛金を支払ってもらえない状況にあった。その取引先は、社長が昔からお世話になっていたところなので、あまり強くは切り出せない。と のご相談を受けしました。 そこで、その取引先で活用のできる融資を調べて御紹介をしたところ、「それは助かる」とのことで申込みをして頂き、無事に実行 され、売掛金も回収することができました。

社長から一言
なかなか強く言えないところだったが、君が一緒に行ってくれたし、いい提案もしてくれたので先方を説得できた。会計事務所に言われて仕方なく来たという状 況も作ってもらったので、こちらの立場も悪くすることはなかった。

ページのトップに戻る

 

税務会計・コンサルティングサポート.3

支援内容

ISO9001については、既に取得済みであったが、その活用度を高めるためにも、「社員全員参加できるしくみ」をアドバイス。その一環として、弊社で行っている「予防措置提案制度」を紹介。早速取り入れてもらった。

社長から一言
良いことはどんどん取り入れていきたい。税務だけでなく、人事労務問題、経審(経営事項審査)対策など相談窓口が一本化できるのは、時間・コスト面の削減にもつながり、非常に助かる。

ページのトップに戻る

 

税務会計・コンサルティングサポート.2

支援内容

前期決算時に帳簿(弥生会計入力等)の遅れで、時間をとられたため、経理担当者を置き自計化を推進した。すると。 タイムリーな帳簿入力により、より正確 な試算表を作成でき、決算時の労力を軽減できた。 また、あいまいになっていた、仮払いなども管理できるようになった。

社長から一言
以前は、自分でやっていた作業を社員にやってもらうことにより、時間を他の仕事に使えるようになり助かりました。 今期の決算はずいぶん楽になると思います。

ページのトップに戻る

 

税務会計・コンサルティングサポート.1

支援内容

以前の会計事務所では、会計ソフトの指導がされておらず、自己流の利用であっため、2重に同じ作業をしていたり、ただ入力しているだけで、会計ソフトを生 かしきれていなかった。そこで、 私どもで関与してからは、会計ソフトの訪問指導を行い、2重作業の廃止、帳票整理の方法を細かくサポートすることで、今 までの作業時間の約半分の時間で処理出来るようになり、試算表による前年度との比較や資金繰りについて、タイムリーに把握でるようになった。

社長から一言
こんなに簡単に出来ていいのか、税理士を変えてよかった。

ページのトップに戻る