税理士法人総合経営サービス:導入事例

« 経営計画サポート実例 | | 資金調達・融資一本化サポート実例 »

決算対策サポート実例.3

支援内容

以前は赤字続きであったがようやく利益が出る体質になってきた。しかし、資金繰りは苦しいままで、本当に良くなっている実感がないとご相談をお受けいたし ました。そこで、決算報告時に決算診断を行ったところ、年々業績がアップしていることが明確になりました。そして、資金繰りに大きな影響のある棚卸の問題 点が浮上し、今後の経営課題が明確になりました。

社長から一言
前の税理士は、経営に関して、何のアドバイスをしてくれなかったので、自分で経営分析を行っていたが、よく分からなかった。今回の決算診断で明確になりま したので、一つ一つ改善していくようにします。

ページのトップに戻る

 

決算対策サポート実例.2

支援内容

飲食業の決算対策時に、現在成長をしている同業他社の坪別の売上・粗利・営業利益率・客単価をデータとして比較検討した。すると、自社の強みと弱みが明確になり、今後の課題や方向性が浮き彫りになった。

社長から一言
自社と他社を比較することは難しく、情報としても希少性がある。今までこんな情報がほしかった。継続的なサポートをお願いいたします。

ページのトップに戻る

 

決算対策サポート実例.1

支援内容

決算ご報告の際に、決算診断を行った結果、短期の借り入れの比重が重く、安定性、健全性を示す指標があまり良い数字では無かった。そこで、その点を社長に指摘し、長期借入金を増やしていく提案をしました。結果、経営指標の改善と、資金繰りの改善が出来ました。

社長から一言
短期借入金が多かった時は本当に資金繰りが大変だったが
現在は、楽になってきた。

ページのトップに戻る