資金調達

金融機関との付き合い方

最近は、金融機関の貸し渋りや貸し剥がしなどが社会問題になっていますが、各企業では如何でしょうか。ただ、金融機関も全ての企業に貸し渋りを行っている訳ではありません。勿論業績は大きな審査の対象となるのですが、実は、「借りた資金をどのような方法で返済が出来るか」を明確に行うだけでも、金融機関の対応が大きく変わるのです。

業績は勿論ですが

どのような事業を行っていて

その収益構造がどうなっていて

どのタイミングで借りた資金を返せる目処が立つのか?

は当然気になるはずです。

私どものサポート体制

私どもでは、常日頃から、政府系金融機関との勉強会の開催を通じて、関係強化を行い、最新の公的資金情報などを逸早く、顧問先にお届けするようにしています。そして、融資以外に、日々の資金繰りを改善する為の

助成金·補助金など政府·自治体支援策の活用

支払いサイトの見直しや支出のコントロール

社債の発行

等をサポートいたします(具体的な資金調達の支援の流れはこちら)

私どもは単に資金調達を支援するだけでなく、根本的な原因·目的まで切り込んでその経営支援のお手伝いにも積極的に関わらせていただきます。是非『経営計画』のページもご御覧ください。