節税決算対策

節税とは

「節税」と一言でいっても、個々の事情により様々です。

「節税は上手くいったが、資金繰りに詰まった。」

「法人税は減ったが、所得税·住民税は増えた。」

等というケースもあります。

ですから、目先の「節税」だけではなく、税金とは上手に付き合っていきましょう。「1円も税金は払いたくない!」という方もいらっしゃるとは思いますが、一定以上の収入があるのに税金を0円にすると「脱税」になってしまします。この「脱税」のお手伝いは絶対にいたしません!

知らないというだけで

脱税」は絶対にだめですが、届出書·申請書を提出したり、ちょっとしたことをするだけで税金が少なくなったり、税金を払わなくよくなったりすることはいっぱいあります。

当社にご相談に来たお客様の中でも「手続きを最初にしておけば、その税金は払わなくてよかったのに」等のケースがいくつもあります。「知らない」というだけで支払う税金はもったいないので、ぜひご相談ください。

何のために働くのか

社長も税金のために働いているわけではないと思います。「会社や個人が豊かで幸せになること」を望んでいるのではないでしょうか。

頑張って働いた結果の努力の結晶である「利益」を最大限に有効活用し、単なる「節税」だけではなく、将来へ向けた環境整備·リスクヘッジ等をご提案していきます。

赤字法人でも

それから、「うちは赤字だから税金は関係ない」と思っている方も、ではどうしたら黒字になるか、何を減らし、何を増やすのか等をご一緒に考えていくことも大きな決算対策のテーマです。体力のある会社を目指してご一緒にご検討いたしましょう。